皮脂欠乏症は強いかゆみの症状を起こす

皮脂欠乏症の身体的に起こる症状

皮脂欠乏症とは、角質に潤いがなくり、乾燥肌になることです。

肌の潤いは、セラミドや皮脂などといった、天然保湿因子により保持されています。

しかし、年齢を重ねることなどが原因で、細胞間脂質や天然保湿因子の分泌される量が少なくなり、皮脂欠乏症になってしまうのです。

皮脂欠乏症の症状が長引いてしまうと、炎症などを引き起こします。

真皮にある、知覚神経線維がお肌の表面にまで伸びていき、敏感になることが理由です。知覚神経線維は、真皮にあるかゆみを引き起こします。

かゆみを引き起こす知覚神経線維がお肌の表面にまで伸びていき、多少の刺激に対しても敏感に反応して、炎症などを引き起こしてしまうのです。

かゆみの症状が治まらなず、肌を掻いてしまうことで、炎症が進行してしまうのです。

皮脂欠乏症が悪化すると、皮脂欠乏性湿疹や貨幣状湿疹を引き起こします。

皮脂欠乏症の悪化により、本来であれば剥がれ落ちるはずの角質が表皮に残ってしまい、角質層が厚みを増します。

すると、さらに乾燥肌を進行させてしまうのです。

皮脂欠乏症の発症部位や症状の出る季節など特徴

皮脂欠乏症は、すねや腕などの手足や背中などに症状が出ることが多いです。

症状が出る部位は個人差があるため特定しにくいですが、乾燥している部位に発症しやすい傾向があります。

また、空気が乾燥してくる秋から冬にかけての季節に症状が進行します。

進行する度合いは一般的に真冬の時期がピークです。

春から夏にかけては症状が軽くなることがあります。

年齢を重ねると、皮脂が分泌される量は減っていくため、年齢が高い人ほど皮脂欠乏症のリスクが高まります。

また、若い人でも、化学成分や洗剤などを使う機会が多いと発症しやすいです。

皮脂欠乏症は、乾燥肌による症状の一種であると言えます。

また、乾燥肌の症状が進行すると、ひび割れなどを起こして皮脂欠乏性湿疹を発症させる可能性もあるのです。

日頃から乾燥肌の対策を行い、皮脂欠乏症を悪化させないようにしましょう。