もしも「性病かな?」と思ったら、焦らず悩まず今すぐに病院へ診察を受けに行きましょう!性病は自分のためにもパートナーのためにも、必ず治療することが必要です。悪化する前に当サイトで性病に関する知識を身につけましょう。

性病は早期治療すべし!

下痢は性病に感染しているのが原因かも

下痢が続いてしまうのはストレスや食物、細菌に感染することなどが理由になっていることが多いのですが、思いも寄らぬ原因で続いてしまうことがあるのです。
それが一見関係がなさそうな性病です。
性病が原因で下痢を引き起こすのは稀な事ではあります。
しかし、性病にかかる心当たりがあったり、原因不明の下痢が続いて悩んでいる人は一度その可能性を疑ってみたほうがいいかも知れません。

若い方の約一割が性病に罹っていると言われています。
中学生のときに初めて性交渉をした子は二十代のときに初めて性交渉をした子に比較して性病に罹るリスクが三倍になると言われています。
近年初めて性交渉をする年齢は若年化する一方ですから注意が必要です。
性病を放っておくと相手にうつしてしまったり、自ら不妊を引き起こすこともあります。

性病の中で下痢の症状がでるのはHIVとB型肝炎があります。

HIVは主要な先進国では感染者が増えていませんが日本では増えています。
HIVの症状は発熱したり、関節が痛んだりと風邪のような状態になります。
その後にしつこく続く下痢が症状として現れることがあります。
HIVはHIV抗体検査でしか感染の有無を知りえません。
保健所などでHIV抗体検査を匿名にして受けることができます。
心当たりがあれば勇気を出して検査を受けることをお勧めします。

B型肝炎はひどいだるさや疲労感を伴い、食欲がなくなり、発熱、そして下痢などの症状が現れます。
黄疸が身体や白目に出たり、尿が濃い色になる症状も現れます。
悪化する前にお薬を飲めば治りますが、放っておくと肝臓移植が必要になったり、場合によっては死亡することもある怖い病気です。

もしかすると下痢が命にかかわる病気の兆候かもしれないのです。
B型肝炎やHIVはレアケースですが、これらの病気は対策できます。
早目に手を打つことをお勧めします。